水分を摂りすぎないこと

せっかくのドレスが入らない?

結婚式の当日に水分を摂りすぎない方が良い理由としては、ドレスが窮屈になるからです。特に女性は体にフィットしたドレスを着ることが多く、水を飲んだせいでお腹周りに余裕がなくなると苦しいです。見た目にもきれいなシルエットになりにくいので、水分は控えておかなければいけません。ガードルなどで締め付ける手段もありますが、それでは結婚式の間中苦しい思いをすることになります。 和装の場合も、お腹に溜まった水分が綺麗な着こなしの邪魔をします。帯でお腹を締め付けることを考えると、少しでもお腹周りには余裕があった方が良いです。お腹に圧迫感を強く感じたまま数時間過ごすのは、あまりおすすめできません。結婚式の最中に気分が悪くなることもあり得ます。

トイレを我慢するのはツラい

結婚式は多くの人にとって、一生に一度の晴れ舞台です。素敵な思い出にしたいと意識すると、緊張して当たり前。緊張するとトイレが近くなるのが一般的です。いつでもトイレに行ける状況なら良いですが、結婚式ではそうはいきません。結婚式が始まってしまった後に新郎新婦がいなくなるのは、とても不自然です。トイレに行けるタイミングがあるとすれば、お色直し位のものです。そこで用を足すことはできますが、きれいな衣装は脱いだり着たりが大変です。 トイレに行った後には着崩れていないかチェックも必要になります。できれば、結婚式の間はトイレに行くことなく過ごせるのがベストなので、水分の摂りすぎには注意が必要です。緊張して、喉が渇いたときには、うがいをすると喉が少し潤います。

マタニティウェディングを行う事で、夫婦の絆が深まる場合があります。体に負担の少ない範囲で、式を挙げる方法も可能です。