朝食をしっかり取っておくこと

披露宴ではあまり食べられない可能性も

結婚式は豪華な料理が並びます。もちろん新郎新婦も食事をすることができますが、披露宴中はゲストのみんなが写真を撮りに集まってくるケースが多いです。いろいろな人と話しをしなければならないので、なかなか落ち着いて料理を食べることはできないでしょう。そして中には緊張してしまい、あまり食欲がないという新婦もいます。いずれにせよ、新郎新婦はあまり挙式会場では食事はできないと考えておいたほうが良いです。それゆえ、挙式前に朝食をしっかりと食べておくことが重要と言えます。結婚式は早朝から夕方までと1日が長いものです。おなかがすいてくる可能性が高いので、朝のうちにしっかり腹ごしらえをすれば安心です。普段と同じようなメニューを食べることで、いつも通りの気持ちでスタートが切れます。

慣れない場と慣れない衣装で疲れるので体力を付けよう

結婚式は多かれ少なかれ、緊張します。そして新郎新婦共に、普段のような服装ではありません。きちんとした衣装を着用していることも、気疲れの原因になります。特に新婦は、早朝からメイクにヘアセットに大変です。慣れないドレスや着物を着て1日過ごすのは、かなりの体力を使うものです。そんな中、笑顔でみんなに挨拶して記念写真を撮ります。疲れているわけにはいきませんよね。体力を温存するためにも、朝食をきちんと食べることはとても大切です。新婦の場合は、メイクやヘアセットをしながら朝食を摂ることになるかもしれません。朝が早過ぎて食べて来られなかった場合なども、挙式が始まるまでに何か少しでも食べておきたいものです。そうすることで、元気な新郎新婦でいることができるでしょう。

結婚式を格安でおこなうための選択肢として挙げられるのは、仏滅などの日が悪いとされる日や、猛暑や極寒が予想される時期、平日の昼間などの日程を選ぶなどがあります。